子供の幼児言葉は直そうとしてもうまくいかない

4~5歳はまだ発達段階。
あまり神経質に気にしないようにしましょう。
ラクビ(LAKUBI)口コミと効果 腸内フローラ

「ワンワン」「ぶーぶー」などの幼児言葉や、「ちゅみき(積み木)」のような赤ちゃんぽい発音は、無理に矯正しようとしてもなかなかうまくいきません。
気になるからといって、子供が話すそばからパパやママが嫌な顔をしないこと。
子供の言っていることが分かれば、心配しなくても大丈夫です。
ずっとこの調子が続くわけではありません。
体の発達などを見て、他に異常がなければ、しばらく様子を見るようにしましょう。

パパやママがついつい子供の話し方に合わせて、幼児語で子供に接していませんか。
言葉は真似することで覚えていくもの。
大人が幼児語を使ってしまうと、子供の言葉の発達にいい影響はありません。
子供が「ブーブーだ」といったら、ママは「そうね。車がたくさん通るわね」などと受け答えをしましょう。
子供の言葉の発音についても親が見本を示さなければなりません。
ずきしらずの実の効果や口コミ 通販 最安値